陳副総統、世界各地のNGOとの提携に期待

陳副総統、世界各地のNGOとの提携に期待

img20171106112629646

 陳建仁副総統は3日、総統府にて「国連との協議資格を有するNGO連絡会議」(Conference of NGOs in Consultative Relationship with the UN, CoNGO)のCyril Ritchie会長による表敬訪問を受けた。

 陳副総統は、台湾の非政府組織(NGO)とその貢献について話題が及んだ際、「台湾は奇跡的な経済発展やハイテク分野の製造業によって名が知られているが、実はその市民社会についても非常に誇りを感じている」と話した。

 また、Cyril Ritchie会長が「非政府組織の力はその多様性にある」と述べたことに対し、陳副総統は「台湾は非常に強大な市民社会を持っている。台湾の非政府組織は文化、芸術、宗教、衛生・医療、気候変動、人道支援、災害救助、人権などに及び、パブリック・ディプロマシー分野における『前線兵士』だ」と述べた。

 陳副総統はまた、台湾は外交活動において苦境に立たされているが、国際社会では非常に活発に活動していると指摘。「なぜなら私たちは、相互に関連する世界の中で複雑な問題を解決するには、国家や政治、国境の壁を乗り越える努力をしなければならないと信じているからだ」と説明した。

 陳副総統は続けて、国際連合が台湾の政治的障壁を取り除くと共に、いつでも喜んで善行に取り組む台湾の市民社会を、ぜひ活用して欲しいと述べた。また、Cyril Ritchie会長がすでに視察に訪れた台湾中部・台中市の「国際非政府組織センター」建設予定地は、海外の非政府組織を台湾に誘致する上での非常に理想的な拠点となるだろうと説明した。

 陳副総統はCyril Ritchie会長に対し、台湾はすでに「国連との協議資格を有するNGO連絡会議」及び、志を同じくするその他のパートナーたちと協力する準備を整えており、台湾がさらに一歩進んで世界各地の非政府組織と何かに取り組んでいけるよう、ぜひ助言を与えて欲しいと伝えた。

Taiwan Today:2017年11月6日

写真提供:
 陳建仁副総統(右)は3日、総統府にて「国連との協議資格を有するNGO連絡会議」(Conference of NGOs in Consultative Relationship with the UN, CoNGO)のCyril Ritchie会長(左)による表敬訪問を受けた。(総統府サイトより)