外交部が新たなPRグッズ配布、ポストカードで国際協力の成果発信

外交部が新たなPRグッズ配布、ポストカードで国際協力の成果発信

img20171225134232243_800

 外交部(日本の外務省に相当)はこのほど、国際広報の取り組みの一環として、新たにPRグッズのポストカードを配布する。同部がPRグッズとしてポストカードを作成するのは初めて。

 同部は2種類のポストカードセット、それぞれ800組、900組の印刷を2週間前に完了、台湾を訪れる海外の政府要人や、外交部を見学する国内の団体に贈呈するとしている。

 このポストカードは「外交部自身のイメージと外交の具体的成果」を表現したもので、本に挟むしおりとして、また友人や家族にメッセージを送るはがきとして利用することができる。

 2種のポストカードセットはいずれも12枚1組。内容は外交部の建物をはじめ、夜の台北賓館、「アジア太平洋文化の日」、「ラテンアメリカおよびカリブ海の国交樹立国による台湾フェスティバル」などの国際的な文化イベント、国際青年大使といった若者の国際参加を促進するイベントの写真などとなっている。

 人道援助と他国に寄せる思いやりは、台湾のソフトパワーの一つであり、外交の一連の業務の重点ともなっている。そこで、マーシャル諸島「園芸栽培と栄養強化のコラボレーション」や、ブルキナファソ「農地水利とコメ生産」、エル・サルバドル「一郷一特産(ミニ陶器)」といった3つの援助計画の写真も収め、国際協力の成果を発信する。

 さらに、外交部が今年7月に立ち上げたフェイスブックページの画像や、2015年に動画共有プラットフォームのYoutubeに設けたチャンネル「潮台湾(Trending Taiwan)」を代表するイラストもあり、同部の新しいメディアを通じた国際広報の成果も紹介している。

Taiwan Today:2017年12月25日

写真提供:中央社
 外交部が海外の政府要人や国内の見学者に配布するポストカードセット。外交部の業務や国際協力の成果などの理解に役立ててほしいとしている。